カイロ日本人学校について【特色ある教育活動】


現地の環境を生かした体験学習

 ✿ 全校さばくハイキング 

 サッカラピラミッドエリア、ギザの三大ピラミッドエリア、ダハ シュールピラミッドエリアを1年ごとに場所を変えて実施しています。

 

✿ ピラミッド持久走大会

 学校の近くギザのピラミッドのまわりの舗装道路を使った持久走大会。児童生徒と全職員でともに汗を流し、ピラミッドの壮大さを肌に感じながら、体力作りとともに古代と現代の時間を越えた貴重な体験となっています。




国際理解教育の充実

✿ 英語活動の授業実施。(小学部・中学部とも週2時間)

 外国人講師による生の英語を聞き、英語を身近なものにする。

 簡単なあいさつや表現を楽しく学習し、コミュニケーション能力を向上させる。

 中学部は、実践的な英語の活用能力を高める。

 

 

✿ アラビア語活動の授業実施。(小学部1・2年)

 外国人講師との交流を通して、エジプトの文化や習慣に触れ、現地理解の手段とする。

 

✿ 現地校との交流活動の実施。

 現地理解を深めるために、現地校や現地インターナショナル校、カイロ大学日本語学科、アインシャムス大学日本語学科との交流の推進を図る。