〈10/12 運動会〉

 

 

 エジプトの青空のもと、カイロ日本人学校の第31回 運動会が行われました。

 

 児童生徒のみならず、交流校であるサッカラ校、エルウィー校の子ども達。日本人会の方々。カイロ大学、アインシャムス大学、ミスル大学の学生。国際交流基金の日本語講座の学習者。多くの参加者が日本人学校に集まり、盛大に行われました。

 

 日本人学校の子ども達は、この日のために頑張ってきた練習の成果を十分に発揮し、一人一人が全身全霊で頑張っていました。得点種目では互いに鼓舞しあい、集団行動では身も心も一つになり、最後のリレーでは疲れを感じさせない全力疾走をすることができました。

 

 運動会を経て、さらに高まったカイロ日本人学校のチームワークをこれからの生活にいかしていきます!

 

 

1010 運動会・予行練習〉

 

 

 

 運動会を間近に控え、予行練習が行われました。この日も、交流校のサッカラ校とエルウィー校がきて、合同交流体育となりました。

 

 それぞれの種目の入退場を中心に、動き方の確認しました。楽しみにしている本番まであと少し。子ども達の盛り上がりもピークを迎えようとしています!

 

 

102  交流校合同 運動会練習〉

 

 

 

  いよいよ来週に迫ってきた運動会。この日は初めてカイロ日本人学校の交流校である、エルウィー校とサッカラ校の子ども達を招き、練習をしました。今回は、開会式や徒競走、玉入れ、綱引きの練習しました。日本人学校の子ども達は、事前に練習をしていたこともあり、入退場や競技のルールなどを理解した上での参加となりました。動き方が全くわからない交流校の子ども達のお手本となるような取り組みができていて、感心しました。

 

本番まであと少しとなり、練習に取り組む熱も更に高まってきました。みんな、全身全霊で頑張りましょう!

 

〈朝会 講話 小川先生  924

 

 

 

  算数と数学をテーマにした講話がありました。たった一枚の紙でも、一工夫することで色々な形ができて、それをどんな形にするか、どんな形ができるかと考えるのが算数や数学の楽しさであること。また、変化していく数の中に様々な法則を見つけ、問題を解決していくことも算数や数学の魅力であるという内容でした。

 

  算数や数学の楽しさや魅力に触れ、真剣に話を聞く子ども達の姿が見られました。

 

午前中の学習が終わってみんなでお弁当タイム
午前中の学習が終わってみんなでお弁当タイム

 

〈学校開放日  921

 

 

 

 2回目の学校開放日がありました。今回も保護者の方々を中心に、多くの方がカイロ日本人学校に来てくださいました。子ども達が頑張る普段の様子をたくさんの方々にお見せすることができてよかったです。

 

  引き続き、子ども達が成長できる環境を整えることができるように尽力していきます。

 

〈お月見朝会  9/16〉


 中学部による、お月見朝会がありました。

 まずは、お月見の基本情報として、主に秋の収穫に感謝する十五夜、平安時代の貴族から始まったという歴史についての説明がありました。

  その後はクイズ形式でお月見について学ぶことができました。さすがは中学部。チームワークがよくテキパキと出題や解説をしてくれました。


  カイロも日中の日差しは強いものの、朝晩が涼しくなり、秋を感じられる気候となってきました。日本では9/23が秋分の日となります。実り多き秋になるよう、頑張りましょう。


 

〈避難訓練 地震・火災  9/11〉

 

 

 

  地震と火事を想定した避難訓練を行いました。

 

  森田先生からは、日本では多くの地震や火災が起きていて、誰一人として無関係な人はいないということ。一番大事なことは、命であり、それを守ることが最優先だという基本的なことが再確認できました。

 

  校長先生からは、動きが速く2分弱で避難完了をすることができたことを褒められました。また、北海道で震度7の地震があり、被災されて苦しい生活をしている人が今もいるこという事実。さらには、東日本大震災を教訓にしてうまれた「率先して避難する人になる」という大切な考え方を教えてもらい、貴重な学びを得ることができました。

 

 

〈朝会  岩田先生  99

 

 

 

岩田先生の講話がありました。テーマは、「3つの心」でした。

 

・動物の心

 

・理性の心

 

・愛の心(霊性心)

 

 

 

  この3つの心を持ち合わせている人間として、例えばライオンのような弱肉強食の動物の心。(人間でいうと、意地悪をしたりいじめをしたりする心)

 

  この動物の心を、理性の心でコントロールしていくことの大切さ。

 

  さらに愛の心で仲良く、助け合って生きていってほしいというお話でした。

      

  「難しいことだけど、みんなならできる!」という温かく力強いメッセージに、心温められる時間となりました。


 

〈中学部  職場体験 94~6

 

  キャリア教育の一環として、中学部の生徒9名が職場体験をしました。実際に働くという体験は、何にも変えられない貴重な機会となり、たくさんの学びがありました。今年度は、味の素、JICA、国際交流基金(Japan Foundation)、エレガントボヤージ、牧野、NHK、日本経済新聞社という7つの事業所にご協力をいただきました。

 

  今後の学習でそれぞれが体験したことをまとめ、伝え合い、深め、自分の将来に活かせるように学習を進めていきます。

〈ラジオ体操 9/5〉

  運動会の練習の一環で、ラジオ体操が始まりました。久々ということもあり、まだ慣れない動きも見られましたが、キビキビと正しく体操をすることができるように、これからも練習を重ねていきます。

 

 

〈夏休みの作品 94

 

  児童生徒が夏休みの課題としてやってきた作品が、図書室に展示されています。工作や絵、自由研究など、多種多様な作品が並んでいます。

 

  9/21の学校開放日まで展示してありますので、日本人学校にお越しの際には、是非ご覧ください。

 

 

 

朝会   運動会  9/3〉

今日の朝会は1012に控える運動会に関係する話でした。担当の森田先生から、運動会のめあてや、取り組み方の話がありました。

 

次に、運動会のテーマが発表されました。今年度は中学部2年の布施慧太君が考えた「全身全霊」に決まりました。最後に、児童・生徒一人一人に赤白の組が知らされました。発表には、特別ゲストの「貞子」が登場し、少々怖い雰囲気の中での発表となりました。

 

  今年度のテーマの通り、身体も心も一生懸命に取り組む姿を見せてくれることを願っています。

 

〈2学期 始業式 歓迎会 8/29〉

 

 

 

  夏休みが終わり、子ども達の元気な声が学校に戻ってきました。久しぶりということもあり、どこか緊張した様子で朝のあいさつをしていましたが、しばらくするといつも通りとなりました。

 

  始業式では校長先生の話をはじめ、3名の代表児童の言葉がありました。それぞれ、夏休みの過ごし方や2学期への期待、意気込みを語り、決意表明をしてくれました。

 

  

 

  始業式に続いて行われた転入生歓迎会では、5名の転入生を迎えました。全校児童・生徒による簡単な自己紹介や、転入生へのインタビューがあり、和やかな雰囲気で会は進行されました。新たな出会いを大切に、2学期も充実した学校生活を送れるように頑張りましょう。